セミナー・インタビュー

医療における今後のオンライン資格確認等システム~導入に必要なことと、追加的な導入支援について~

日程:12月15日(火)16時00分~
講師:厚生労働省保険局 医療介護連携政策課長 山下 護 先生
会場:日本橋ライフサイエンスビルディング

日本のデジタル化政策の中心にマイナンバーカードの普及促進が位置付けられています。医療の分野でも2021年3月よりマイナンバーを利用した、オンライン受診資格確認の取組みがスタートします。
この普及に向け、医療機関での準備状況や今後の展望など、普及促進の中心的役割を担う、厚生労働省保険局 医療介護連携政策課長の山下護(やましたまもる)先生を講師にお招きし、『医療における今後のオンライン資格確認等システム~導入に必要なことと、追加的な導入支援について~』と題して講演を頂きました。ご講演資料

講演では、マイナンバーカードに関わるセキュリティの考え方や現在の普及状況として(以下要旨)、
・セキュリティについてはクレジットカード等と同様の仕組み(カードには情報は一切入っていない)に、顔認証機能による本人確認での安全性を保証していること。
・普及状況については、公的病院では既に受付端末などの導入準備はほぼ完了している状況であること。
・今後は、民間の病院、クリニック、薬局などで、未だ導入が済んでいない機関への周知・導入促進を図ること。この対策として、2021年3月末迄の申込みを前提とする全額補助制度を打ち出していること。

など、総合的な説明を頂きました。尚、現在進められている政府による医療機関向けの普及促進である補助金増額は2021年3月末を持って終了し、それ以降は各機関での導入費用捻出が伴う補助率となります(要件等は資料を確認のこと)。講演後には、オンライン、会場の参加者との間で活発な質疑応答が交わされました。

医療分野におけるマイナンバーカードの活用は、長年、医療の効率化や全体最適化が求められてきたなかで、ついにその最初のステップを2021年3月に踏み出すことになります。今後、地域医療計画の考え方にも大きな影響を及ぼすことが見込まれるなか、当研究会でも普及と併せて、対応や活用への研究を継続して参ります。

(講演中の様子)

(講演中の様子)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP